診療・各種治療

皮ふ科dermatology

  • TOP
  • 皮ふ科診療

専門医による安心の
皮膚科診療・漢方診療をご提供します。

皮膚科・アレルギー科・小児皮膚科にて、湿疹、じんましん、アトピー性皮膚炎など、皮膚疾患全般の治療を行っています。皮膚科医による診療に加え、漢方専門医による漢方診療も取り入れ、患者様の症状に合わせた効果的な治療方法をご提案します。

主な皮膚のトラブル・症例case

慢性湿疹

慢性湿疹

慢性の湿疹では、皮膚がカサカサになり、厚く硬くなっていくことが特徴です。

まつい皮ふ科

乾癬

乾癬(かんせん)は、慢性の皮膚角化疾患の一つです。

まつい皮ふ科

掌趾膿疱症

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)は、手のひら(手掌)や足の裏に水ぶくれ(水疱)やウミが溜まった膿疱ができる病気です

まつい皮ふ科

疥癬

疥癬(かいせん)は、「ヒゼンダニ」が皮膚に寄生しておこる皮膚の病気です。

急性湿疹

急性湿疹

原因のはっきりしない湿疹の場合、発症から間もない湿疹をいいます。

痒疹

痒疹

痒疹(ようしん)とは、非常にかゆいポツポツとした赤い湿疹ができる病気です。

接触性皮膚炎

接触性皮膚炎

特定の物質に直接触れることで皮膚に炎症が起きる病気です。

蕁麻疹

蕁麻疹

蕁麻疹(じんましん)とは、皮膚の一部が突然赤くはっきりと盛り上がり、短期間で消える病気です。

まつい皮ふ科

帯状疱疹

帯状疱疹ウイルスによって引き起こされる感染症で、初感染では水痘(みずぼうそう)になります。

まつい皮ふ科

単純疱疹

皮膚に生じる単純ヘルペスウイルス感染症の一つで、口唇やその周囲では口唇ヘルペスになります。

円形脱毛症

円形脱毛症

毛包を標的とする自己免疫疾患で、精神的ストレスがきっかけとなることがあります。

汎発性脱毛症

汎発性脱毛症

頭部の髪の毛だけではなく、全身の毛が抜け落ちる症状で、難治な脱毛症です。

熱傷(やけど)

熱傷(やけど)

熱による皮膚・粘膜の障がいのことで、日常生活で最も多いけがの1つです。範囲や深さに応じた治療が必要です。

まつい皮ふ科

白斑

皮膚の色素が白く抜ける疾患で、先天性白斑と後天性白斑があります。

しみ

しみ

どんなにお肌の手入れをしていても、いつの間にかできてしまうのが「しみ」です。

肝斑

肝斑

肝斑(かんぱん)は、女性ホルモンの乱れによってできる、両頬に左右対称にできる薄茶色のシミのことです。

まつい皮ふ科

鶏眼(魚の目)

足の裏によくできる、一定の場所に摩擦や圧迫などの刺激が繰り返された結果、角質が分厚く硬くなる病気です。

まつい皮ふ科

胼胝(たこ)

鶏眼(魚の目)と同じような症状ですが、盛り上がっているものを胼胝(たこ)といいます。

まつい皮ふ科

日光性角化症

---

まつい皮ふ科

脂漏性角化症

---

まつい皮ふ科

粉瘤

---

まつい皮ふ科

稗粒腫

---

まつい皮ふ科

石灰化上皮腫

---

まつい皮ふ科

皮膚がん

---

まつい皮ふ科

悪性黒色腫

---