手湿疹の治療について

手の平は毛包がなく皮脂が分泌されないため、乾燥しやすくなります。
特に冬季など空気が乾燥する季節には乾燥しやすくなります
刺激をうけやすく、アレルゲンに触れる機会も多く、水や洗浄剤により保湿因子が失われやすくなります。

症状は、一般に強いかゆみを伴う紅班や丘疹、小水疱やびらんなどです。手の湿疹の中で最も多いのは刺激です。治療は炎症を抑える外用剤や保湿外用剤(油脂性の物質やモイスチャライザー製剤)が重要です。

バリアクリーム(ダーマバリアT,セキューラDC)を使用すると、水やアルコール、洗浄剤などの刺激から皮膚を保護する膜を形成して、家事だけでなく、理美容師、医療従事者、飲食業者などの作業における刺激を減らすことができます。

一般診療(皮膚科/アレルギー科)